• 見学予約
  • 資料請求

安心性能

外壁

「いつまでもきれいな家ですね」と言われるよろこび。

「外壁通気工法」で、内部結露と雨水の浸入を防止

壁体内結露が起こると、壁内の木材が腐ったり、室内側の石膏ボードの裏面からカビが発生するなど建物の耐久性を低下させます。このような状態を改善するため、壁体内の湿気を外部に放出する「外壁通気工法」を採用しています。透湿防水シートという材料で壁を覆い、外壁材との間に外気が通る層をつくることで壁内の湿気を外部に放出します。この工法により壁体内結露を軽減させ、建物の耐久性をアップさせます。

引っかけ金具工法を採用

外壁が構造体に直接固定されていると、地震の力を受けた場合、構造体の変形に外壁が対応できず、ひび割れや脱落が生じます。一方、引っかけ金具工法は外壁への応力が緩和され、地震によるひび割れや脱落を防止します。

美しさと安心を保つ外壁材「ナノ親水マイクロガード」

外観をいつまでも美しく保つことができる外壁材「ナノ親水マイクロガード」を採用。ナノ親水マイクロガードは、空気中の水分子を取り込んで外壁表面に薄い水分子膜をつくり、汚れのもととなる物質をその上に付着させます。汚れは雨とともに洗い流され、外壁はいつもスッキリ。住まいの美しさを長く持続させます。

雨で汚れを洗い落とすセルフクリーニング機能

外壁表面が汚れ物質よりも水となじみやすいのがナノ親水マイクロガードの特長。このため、汚れ物質と外壁表面の間に常に水が入り込んで、煤煙や排気ガスなどの水となじみにくい(疎水性)汚れの付着を防ぎます。さらに、雨水があたると膜表面の汚れを雨水と一緒に洗い流してしまいます。これが「セルフクリーニング機能」です。

美しさが長持ち

ハイパーコート仕上げによる高耐候性とマイクロガードによるセルフクリーニング機能が組み合わされば、長期間の防汚性を持続させ、家の美しさを長く保つことができます。

マイクロガード仕様商品に防カビ剤を配合

従来品に比べて塗膜表面での藻・カビの生育を抑制します。

日陰だって、夜だって、施工直後から効果を発揮

ナノ親水マイクロガードは、光に関係なく親水性を発揮するので、日当たり面だけでなく、日陰面や夜間、そして季節に関係なく効果が持続します。また、工場から出荷されたときから防汚機能を発揮するので安心です。摩擦などの外的要因がなければ、塗膜の耐候性同様の期間、効果が期待できます。

前のページへ戻る

  • 安心性能
  • 木質パネル構法
  • 地域No.1を目指して
  • 素材にこだわる
  • 入念な強度計算
  • 高気密・高断熱
  • 外壁
  • 地域調査・基礎構造
  • 屋根・瓦
  • 朽ちない家づくり
  • 地熱利用換気システム

施行事例

イベントカレンダー

おすすめ分譲地

イベントカレンダー

Copyright © ANESIS All Rights Reserved.